スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
SHOVELにファントムフェアリング装着!!


冬本番に備え、ファントムフェアリング(冷やっこカウル)を装着!
まだ、この時期はショートスクリーンだが、もっと気温が下がるとロングに交換

ストリップ状態からだとメカノイズが大きくなり、少々耳障り

※写真がたまたま何かのポスターに似ていたので
セリフを付けてみました。(笑)
続きはこちらをポチっと
スポンサーサイト
2007/11/19(Mon) | Shovel Head | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
運転目線から見た1979 FLH Shovel Head!!
運転目線-1
1979 FLH Shovel Head
運転中のポジションからはこんな風に見えます。
装備はほとんど現行モデルと変わりません。
タンクは5ガロン(約19ℓ)

左手はクラッチレバー、ホーン、ライトのHi&Lo、指示器
右手は前ブレーキ、アクセル、セル、KILLスイッチ、指示器
(前ブレーキはこの時代でもやっぱり利きません)

ハンドルはライザーセンターでの分割方式

最初戸惑ったのは指示器
なんと、押している間だけ点灯している仕様

信号待ちや右左折中もずっと押していなくてはならず
慣れるまでハンドリングしづらかったです。

アメリカはめったに曲がる所がないからなのか・・・
いかにもって感じです。

両タンクの隙間はパンヘッドからの名残りで
Tバーを使ってシートポストがボルトオンで付けられるようになってます。

ちなみに1979年式より排気量が1200ccから1340ccにアップしています。
2007/10/02(Tue) | Shovel Head | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
日、米、ショベルヘッドにフォーカス!?
日曜日、久々にバイク日和。
朝から走った事の無いルートへ

途中黄金に色付いた田んぼの横で小休止
「もう、お米が出来る季節かぁ」
頭を垂れる稲穂を見ながら少し秋を感じました。 日米-0903-1

続きはこちらをポチっと
2007/09/03(Mon) | Shovel Head | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
あの頃吹いた風と共に
20070808094130.jpgハーレーで何気なく走っていると
ふと子供の頃を思い出す事がある。

なぜか暑い夏の頃が多い気がする

シャツ一枚で 汗だくになりながら
一生懸命に虫を追いかけてたりする。

そんな光景を思い浮かべながら
「もうあんな気持ちにはなれないのだろうか?」
等と考えてしまう。

大人になった自分と照らし合わせると
なんだか寂しくなる。

ハーレーはホントに不思議な乗り物だ。
普段はあまりそんな事は考えないのに・・・
いつも何とも言えない感覚にしてくれる。
 
ある意味タイムマシーンなのかも。
2007/08/08(Wed) | Shovel Head | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夕方の砂浜は心地いい
夏休みのこの時期
昼間、海水浴客で賑わっている海岸

夕日が沈む頃には
静寂さを取り戻す。

まだほのかに暖かい砂が
少しずつクールダウンしていく。

そんな天然のホットカーペットの上に
腰を下ろし、海面に移る夕日が
静かに沈んでいくのを眺めていた。
2007/08/02(Thu) | Shovel Head | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。